スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 タイ旅行 ⑯

さて次はどこに行くのでしょう
私たちはアユタヤでの観光の詳細は知らなかったので
随時バスの中で添乗員さんから
「次は○○に行きます」
と説明を受けました。

で、次は山田長政の資料館()に行きました。
山田長政という人の名前は知ってましたが、
いつ頃何をした人なのかさっぱり知りませんでしたので、
添乗員さんの説明をしっかり聴きました。
アユタヤ王朝の時代にタイに来て
日本人村を作って繁栄させたんでしょう・・・
王朝の中では結構な地位についてたとか・・。
アユタヤ王朝の時代が日本のどの時代なのか
よく覚えてませんが、
とにかくそんな昔にこの異国の地に来るということだけでもスゴイ。
また、時間があれば詳しく勉強せねばいけませんね。
私はタイの歴史を知らな過ぎ

添乗員さんの話を聴きつつも
移動中の景色の写真も撮り
P1050781.jpg

P1050782.jpg

P1050783.jpg
至る所でお寺らしきものが見えたので
そのたびにパチリ

で、15分か20分くらいバスに揺られたかなぁ。
その山田長政資料館に到着しました。

何だか、ひっそりしてます。
最初に見えたのがこの記念碑。
「アユチヤ」っていう字が気になります
P1050784.jpg

タイシルクを売ってるお店もありましたが、
2軒ほどなので、賑わってないというか・・・。
こんなところで商売になるのかと思いました。

どんどん中に入って行きます。
中に入っても観光客はほとんど居ません。
この日は月曜日だったからなんでしょうか、
それともいつもこんな感じ
P1050791.jpg

資料館の中に入る前にみんなが上を見て騒いでるので、
何かと思ったら・・・・。








ヤモリのでっかいの
P1050785.jpg
ホントでかかったのよ。
日本じゃこんなの見たこと無い(←当たり前かぁ
私、ヤモリは大っっっ嫌いですけど、記念に一枚
これもタイの思い出であります(笑)

資料館の中に入ると
狭い部屋にちょっとだけ資料が展示してありました。

この人が山田長政だそうです。
P1050790.jpg

この資料館の中では特に詳しい説明はなかったので、
とりあえず、大事そうなものだけ写真を撮りました。
P1050786.jpg

P1050788.jpg

この資料の展示室の横には物品の販売があってました。
Tシャツやタイシルク。
「安いよ~~~1枚600バーツ
なんて男性が日本語で言ってました。
バンパイン宮殿近くの露天のおっちゃんが言ってた「ヤマダ」はこの
山田長政資料館のこの物販の価格の事だったんですね。
うん、確かにあのおっちゃんのお店に比べたら3倍は違う。
何だこの価格の違いは・・・
私たちはあの露天の価格を知ってたので
ここでは何も買いませんでしたが、
ツアーの他の人は結構色々買ってました

ツアーの人がお買い物してる時に
私は添乗員さんと別行動に関しての打ち合わせ。
私はサイアムでお買い物した後に、
最終待ち合わせのスワンルゥームナイトバザールに移動しないといけないので
ナイトバザールでの待ち合わせ場所の打ち合わせをしました。
スワンルゥームナイトバザールには色々入り口があるので
待ち合わせ場所は日本領事館の前の入り口にしましょう、と言われました。
で、サイアムからの移動もその入り口に行けばいいと思ったので
タイ語で「日本領事館」を私のミニノートに書いてもらっておくことにしました。
それを書いてもらってたら、
タクシーやトゥクトゥクで移動するときに
言葉が通じない時に
「ここ、ここ」って指し示せばいいでしょう
そしたら添乗員さんはタイ語は読み書きができないそうで。
タイ語はペラペラなのに読み書きが出来ないとはビックリしました
それでも日常生活には差し支えないんだなぁ・・・って思いました。
添乗員さんは30年ほど前にタイ人の方と結婚を機にタイに住まれたとのこと。
文字の読み書きは出来なくても
こうやってペラペラになるんですね。
私は会話よりは読み書きの方が好きななもんで、
どうしても単語を「読んで」理解することの方が多いんですよね。
同じ単語でも発音の意味が違うタイ語は
どうしても書いた文字の読み方に頼ってしまって・・・。
でも添乗員さん曰く、
文法が判っていれば単語の配列(前後の単語の並び方)で
理解出来るんですよ。って。
間違って聞き取っても取り返せるというか・・・。
ハイ、そうなんですよね。
タイ語の先生も同じとを言われておりました
でも私はきっとまだそのレベルに達してないんでしょうね。
もっと文法を勉強しないといけないのかなぁと思って、
この旅行後は文法中心に勉強してます
あ~、難しや、タイ語

で、添乗員さんはタイ文字が書けないので
資料館に居た男性職員に
「『日本領事館』ってタイ語で書いて」
とお願いしてくれて、書いてもらいました。
ついでに通り(タノン)の名前もね

そうこうしてると、
みんなのお買い物が終わりましたので
バスに乗り込みました。
次はランチです。

ランチはね~~、はてどこに行ったのでしょう(笑)
デジカメのバッテリーが無かったので
一切ランチの時の写真は撮ってませんが、
タイ料理のバイキングでした。
なんかね、色~~~んな料理がありました。
タイに来てソムタムがあったのもここだけだったんじゃないかなぁ。
カオニャオも
でもね、カオニャオはちょっと冷えてて硬かった
あと、何の料理があったかなぁ・・・
残念ながらあんまり覚えてないんですけど、
クイッティアオはまたしっかり食べました
タイに来て3回目のクイッティアオ。
しかもまたセンレックで
私はこの太さが一番好きですね
ここでは本当にたくさんの種類の料理があったんですけど、
お腹もそんなに減ってなかったもんで
思ったほど食べれなかったんですよ・・・
今思えばもったいないんですけど、仕方ないですよね。
だってその時は食べれなかったんだもん

お店から出て周りの風景を一枚だけ撮りました。
P1050792.jpg

タイ旅行から帰ってきて、2ヶ月ほど過ぎましたけど、
こうやって写真を見てたら
また行きたくて仕方ないですね




コメントの投稿

非公開コメント

寂れてますよねぇ「アユチヤ日本人町」(笑)
売店の日本人のおっちゃんがしつこいこと^^;
私は現地のウェンデーツアーを利用したのですが、もし次に行くなら個人で行こうと思います。
これまた寂れたホテルの昼食がまずかった・・・ことしか覚えてません(汗)
でも、首を切られた仏様を見ると胸が痛みますよね・・・。この歴史からタイ人は未だにミャンマー人を嫌っていると聞きました。私の大好きな俳優、TONY JAAの映画はまさにアユタヤ朝時代のお話でした。
みなみさんはセンレックなんですね?私はセンヤイが大好きです。細いきしめんみたいで(笑)

ワンプルハさんへ♪

> 寂れてますよねぇ
そうそうi-190その言葉がピッタリ(笑)

あら、私が見た売店の人は日本人だったのかしらi-198i-229
私は今回観光地ばっかり行ったので
タイ人でも日本語が上手な人ばっかりでした。
ほんと、みんな日本語が上手なもんで
ツアーの人たちもあんまりお困りごとは無かったようですi-278

アユタヤ、もっとゆっくり見たかったです。
いや、全体的に急ぎ足ツアーだったもんで
思い残すことが多々ありましてi-229

>首を切られた仏様を見ると胸が痛みますよね
うん、何とも言えないような感情がこみ上げてきました。
タイ人の心のよりどころの仏様をこんな風にしちゃったら、
相当な恨みを買いますよね。
この仏像の状況をこのまま残しておこうと思ったことも凄いなぁって思いました。
このようにしてこの辛さを忘れないように、
そしてタイ人の辛さを世界に見せ付けたかったんでしょうね・・・。
何だか悲しい空気の場所でした。

プロフィール

とも

Author:とも
EXOのスホしか見えてない私。毎日スホの心配ばかりしています。スホさえいればそれでいい。ずっとスホについて行きます。

最新記事
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タイ語の勉強
カテゴリ
CM (2)
最新コメント
スホのセンイル
いくつになったの?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。