スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の大冒険

最近息子の話題が多いので
一つ「息子」というカテゴリーを増やしました(笑)
こうやって息子の話ばっかり書いてると、
マザコンみたいに思われるかもしれませんが、
我が家のマザコンは娘なのであります(笑)
娘はマザコンではあるけど、
しっかり者なのであんまり驚くような話題がありませんが、
息子はおっとり系なので
色々と話題が多くて

で、昨日書いたように息子はアメリカへ出発しました。
今はネットで飛行機の発着の状況が判るので
昨日は私もずっとそればかり見てました。
飛行機は17:30出発の予定でした。
しかし18:05出発に予定が変更に。
結局45分遅れでの出発。
アメリカで一度乗り換えがあるんですけど
その乗り換えの時間が約2時間。
45分遅れで出て、定刻に着くよねと、
ちょっと心配ではありましたが、
何とかなるだろうって思ってました。
だってね、私がタイから帰国する時にちょっとしたトラブルがあって
30分遅れで出発したけど、
到着は定刻通りだったから。

息子は日本時間の午前5:00に現地の空港に到着する予定だったので
取り合えず私は寝ました。

そして夜中に携帯に着信が。
息子だと思い、
電話を取るなり「着いた」と訊く私。




「(乗り継ぎの)飛行機に乗り遅れた」
と息子。



えええええーーーーー乗り遅れたって・・・



とにかく私には何も出来ないので
現地の空港職員にどうしたらいいのか尋ねるように言って、また寝ました。
時間は日本時間の午前4:45でした。

「また寝ました」とは言っても寝れるわけがありません
結局起きて、パソコンを開き、
次に息子が乗れそうな飛行機の時間を調べてみました。
現地時間ではまだ昼間なので
次に乗れそうな飛行機はいくつかあるようです。
しかし、息子はちゃんと次に乗る飛行機の手配をしてもらうように
頼めるのだろうか・・・と心配でした。
取り合えず私は旅行保険の会社に電話してみることにしました。
何かやってくれるかもしれないし
丁寧な対応でしたが、今私や保険会社がすることは何もなくて(笑)
次の飛行機までの時間が6時間以上開いて、
旅費が発生したならば、
帰国してからの請求になるので
領収書等を保管しておくように指示されました。
そして、後ほどの電話で、息子にはその事を伝えました。


そうだ
空港に迎えに来てくれる(だろう)人に飛行機に乗り遅れた事を連絡しなければと思い、
英語でメールを書き始めました。
先日息子のパソコンが壊れたので、
その時に私のパソコンで息子のメールのやり取りが見れるようにしてたんですが、
それが今役に立ちました。
あの時パソコンが壊れてなければ、
今こうやって息子のメールにログインなんて出来なかったんですから。
今息子は息子のパソコンをアメリカに持って行ってるし・・・。
災い転じて・・・とう感じでしたね。
メールを書いてる途中で息子から電話があり、
次に乗る便の時間を私に言ってきました。
そして、迎えに来てくれるハズの人(私がメールを書いてる相手)の
メアドを教えてくれ、と言うので、
取り合えず私がメールで連絡してみることにして、
メールの相手の携帯と会社の電話番号を息子に教えておきました。
息子は携帯からアメリカの人にメールを送るつもりだったようですが、
私の方が息子の携帯のバッテリーが心配で、
メールを打たせたくなかったんです。
緊急のために携帯のバッテリーを温存しておきたかったから。


で、私は息子が飛行機に乗り遅れ、
到着時間が変わった事をアメリカの人に伝えました。
そしたら返事が速攻で来て、
「OK! thank you」と書いてありました。
あら~~~ちゃんと通じてる
私、普段タイ語にばっかり関わってるもんで
日本語を他国の言葉で表現しようとすると
すぐにタイ語が思い浮かぶんですね。
苦手な英語がなおさら苦手になってきてるんです。
でも今回、ちゃんと(ではないと思うけど)こっちの意思が通じたので
嬉しかった

で、息子にその事を電話で伝えて一安心。



それからまたちょっとして電話が。



「荷物だけ先に送られてると思うけど・・・・」



はぁぁぁぁぁ



私は乗り継ぎをしたこと無かったもんで、そっちの状況がよく判らなかったんですけど、
アメリカに入国して荷物を取って、
国内線の搭乗口に行って
荷物を預けて、搭乗するのかと思ってたんです。
でも息子から事情を聞いたらそうじゃなかったんですね。
入国前に荷物を受け取って、再度預けて、入国手続きという流れで、
その入国手続き中に飛行機に乗り遅れたようです。
あら・・・。
その状況なら予想通り荷物だけ先に行ってますなぁ・・・
これまた、私じゃ何も出来ないので
息子に空港職員に問い合わせるように言いました。



また暫くして息子から電話が。
日本円の両替が出来ないとのこと。
両替所なんか無くて、機械しか無いらしいのです。
これまた私も勉強不足でして。
タイでは空港の中に両替所はたくさんあります。
入国してすぐ目の前にあるから、
アメリカでもそれと同じ状況だと思ったのです。
でもそうではなかった・・・・
しかも現金なんか入れる所はなくて
カードから引き出す・・・・。
あ~~そういう方法もあるよねと思い、
カードからドルを引き出すように言って電話を切りました。




そして、また息子から電話。




「なんかね、出来ん」




暗証番号を入れるとか、そんな段階に行く前で出来ないらしい。
判らんならその辺の職員に訊いてみて、と言ったら




「誰もおらんとちゃ」





誰もおらん・・・って・・・。
アメリカは機械化が進んで職員はあんまり居ないんでしょうか・・・。
凄いなぁ。




息子は両替を断念したようで、
ホストファミリーのパパに銀行に連れて行ってもらう、と言って電話を切りました。




そこで私はまたネットで両替の機械の事を調べました。
やり方的には何が間違ってたのかよく判りませんが、
アメリカではほとんど現金を使う機会が無いという事を書いてありました。
それは行く前から知ってはいたんですけど、
どれくらいの規模のお店までカードを使えるかは判らなかったので
やっぱり現金は必要かと。
でも両替する必要は無いかもしれませんね。
で、息子に電話してその事を伝えました。


息子の飛行機が遅れる事は
アメリカの人には伝えたんですけど
どうしても気になるのが、どうやってホストファミリーの家に行くのかってこと。
さっきの英語が通じたついでに、質問してみました。
そしたらまた速攻返事が来まして、
「私たちが迎えに行って、ホストファミリーの家に連れていきます」との事。
これを読んで、私はホッと一安心しました。
ちゃんと息子を迎えに行ってくれる人が居るんだと確信できたから




息子からの電話は1時間ほど途絶えたんですけど
日本時間の午前8:40頃再び息子から電話が。





「やっぱり荷物が・・・」





あら、あんたまだ荷物の事を言ってるんかい(笑)
だから~、荷物の事は空港職員に訊くように指示しました。
何だか、頼りないなぁ(笑)
そしてその電話のついでに
迎えの件も伝えました。
息子は誰か迎えに来てくれるだろうとは思ってたんでしょうけど、
たった一人で見知らぬアメリカに行ってる息子を少しでも安心させてあげたかったから。




それ以降息子からの電話は無くなりましたので
不安材料は無くなったんでしょう。




日本時間のお昼頃に息子は到着する予定でしたが、
それを過ぎても電話は無く。
娘に「電話が無いんやけど・・・」って言うと
「乗り遅れてないき、電話がないんやろう」って。
そりゃそうだな。
困った時こそ連絡があるんですよね。



それから1時間ほどして息子に電話してみました。
「ちゃんと迎えの人に会えた」と訊くと、
「うん、もう家に着いた」って。
この一言で私は全ての不安が消えました。
ホストファミリーの家に着いてしまえばもう大丈夫ですね。




今日は早朝から精神的に疲れました。
それにしても今の世の中って便利ですね~~~。
携帯にしてもパソコンにしても。
携帯の無い時代ならば相手が出先に居れば
こっちからは連絡が取れない状況ですからね。
でも今はどこに居てもダイレクトに相手と電話が繋がる。


あんまり使う状況にはならないかなぁなんて思いながら
レンタルで携帯電話を一応持たせてて。・・・。
息子には「携帯は緊急の時以外は使わないように」って言ってたのに
いきなり目いっぱい使う羽目になり(笑)
人間、どこでどんな状況に陥るか判りませんね。

携帯電話も凄いけど、
パソコンなんかさぁ、もっと凄い。
世界中の状況がすぐに調べられるし、すぐに判る。
まあ、パソコンは使えない人もいるけど、
私は詳しくはないけど、ある程度は使える。
今回の緊急な事態に私はかなり息子の役に立てたと思います。(自己満足
こんな時、さささっっっと動けるんですよね、私。
飛行機のチケットを取る時もさささっと状況を判断して取ったし。
頼りになるなぁ、私(笑)


息子は今頃ぐっすり休んでいる頃でしょう。
初めての一人での海外旅行で
いきなり飛行機に乗り遅れるなんて
ビックリな状況になったけど、
ここを何とか乗り越えられたのは
彼にとって大きなプラスになったことだと思います。
もちろん、私もいい勉強させてもらいました。
タイ以外の国の事は全くと言っていいほど知りませんでしたから。


息子は飛行機に乗り遅れてから
何か食事をしたんでしょうかねぇ・・・
私は母親ながら、息子の食事の事までは気が回りませんで。
空港で両替をしたかったのは何か食べ物を買いたかったからなのかなぁ。
私には電話ではそんな事を一言も言わなかったけど。
その時は無事にホストファミリーの家に着けるかどうかのことしか
頭になくて、息子の腹具合のことなんか思いつきもしなかった。
反省



また明日からアメリカでの色んな世界が広がる事でしょう。
楽しい思い出をたくさん作ってくれるように願います


コメントの投稿

非公開コメント

いつもタイネタ、Danネタを楽しみにしてます。

息子さんネタ・・・ドキドキしながら読みました。
これから「息子」カテゴリーも充実していくんですね。

息子さんが強い大人になって帰国するのも楽しみです!

だいぼうけんさんへ♪

こんばんはi-277
いつも読んでくださってありがとうございますi-80

息子は自分ではしっかりしてるつもりですけど、
私からすれば頼りないのなんのって(笑)
息子の話は色々驚きの事があるので、
またボチボチ書いていきますi-278

あ~、なんだか読んでてドキドキしちゃったw
息子さん、さすが男の子。度胸がありますよ。
私なら飛行機に乗り遅れた段階でパニックです。でも入国手続き中に飛行機が行っちゃうってw
余裕なさすぎですね。きっとファイナルコールもしたのでしょうけど、気づかないですよね。乗り継ぎは私も経験がないので、するとしてもラゲッジスルーじゃないと不安です。でも、本当にPCは便利ですね。国を超えてリアルタイムで顔を見ながら話せるんですから

ワンプルハさんへ♪

私もね、乗り継ぎってしたこと無かったもんで、
出来るなら直行便を・・・と思ったんですがチケットが取れなくてi-241
旅行会社の人に
「初めての海外旅行で乗り継ぎが心配なんです」って言うと、
「ちゃんと3時間以上空いてるから大丈夫です」という返事。
(実際は3時間も空いてなかったんですけどi-230
しかも「乗り遅れたなんて聞いたこと無いから大丈夫ですよ」って
太鼓判押したような答えだったので、
私も安心してたんですよね~~~。(苦情でも言いたい気分ですi-229
私の頭の中には飛行機の時間がズレるという予測がつかなくてねぇ。
アメリカに入国する時はシアトルだったんですけど、
シアトルは入国がえらく厳しく、
時間がかかることだけは承知してましたが、
まさか、飛行機が1時間も遅れるとは・・・i-282

色んな所に行けば色んな経験をするもんですね。
息子は大変だったでしょうが、
私もいい勉強になりましたi-229


プロフィール

とも

Author:とも
EXOのスホしか見えてない私。毎日スホの心配ばかりしています。スホさえいればそれでいい。ずっとスホについて行きます。

最新記事
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タイ語の勉強
カテゴリ
CM (2)
最新コメント
スホのセンイル
いくつになったの?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。