スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年 タイ旅行 ⑧

バスに乗ってワットプラケオに移動です
バスの中からトゥクトゥクが見えて、
思わずパチリ
今回の旅行ではトゥクトゥクに乗るチャンスなんか
無いんだろうな~~と思ってたので
「写真だけでも・・・」と思って撮りました。
やっぱ、トゥクトゥクはいいですね~~~
P1050591.jpg

そして、ワットプラケオに到着
ここでもたくさんの人、人、人・・・。
建物の写真を撮りたくても
すぐに人の頭も一緒に写ります(笑)
P1050593.jpg

植木の刈り方が綺麗な三角でした。
P1050594.jpg

ほ~ら、人が多いでしょう
P1050595.jpg

何となくタイのお寺には似つかわしくない西洋風の入り口ですね。
P1050596.jpg

これは何だったけなぁ~~
P1050597.jpg

ここの右手の方にチケット売り場があるような・・・。
実際に私はチケットを買ってないので
はっきり判りませんけど・・・。
その他には両替所もありました。
P1050599.jpg

両替所の壁(上の写真の右側)にはこんな鬼のようなものがありました。
P1050602.jpg

さて、中に入って行き、本堂の横の所で添乗員Aさんの説明を聴きました。
添乗員のAさんはバスの中でも色んなお話をしてくださいましたが、
本当に判り易い説明でした。
私はタイの歴史にはほとんど詳しくないので
聴けるときは一生懸命聴きました
でもねぇ・・・忘れちゃうのよ、内容を
その時はしっかり判ってても今となっては話の内容をほとんど覚えてない・・・。
いかんなぁ、この記憶力(笑)

ひとしきり説明が終わると
写真を撮る時間を取ってくれました。
少しその辺りをウロウロして来てもいいということだったので
YさんやTさん達と写真を撮りに行きました。
プラ・シー・ラタナ・テェディ。
すっごい、キンピカ
私は、こんなキンピカの仏塔が大好きです。
P1050603.jpg

P1050611.jpg

P1050619.jpg


ヤック。
これもタイらしくて大好き。
P1050604.jpg

P1050618.jpg

P1050616.jpg

P1050617.jpg


これは本堂の横にあった建物の上の部分。
ここはちょっと陰になってたので
写真を撮らない人はここで待ってました。
P1050610.jpg

P1050605.jpg

本堂の壁の部分。
人が多くてあんまりじっくり見れなかったけど、
なんだか、立派な壁面ですね。
P1050606.jpg

プラ・シー・ラタナ・テェディ(さっきのキンピカの仏塔ね)の横にはプラ・モンドップがありました。
私はこのプラ・モンドップがえらく気に入りまして。
何が気に入ったのかというと、
屋根の部分の細工。
屋根が高くて細かい部分がどうなってるのか
よく見えないんだけど。
よく見えないから余計不思議に感じで
興味津々でありました。
このプラ・モンドップの中にはなんかの経典が収められてるって
Aさんが説明してくださってました。
P1050607.jpg

P1050608.jpg

P1050613.jpg

この辺りどんな細工になってるんでしょう
P1050614.jpg

近くで見るとでっかいんですよ~~
P1050623.jpg

P1050624.jpg

P1050622.jpg

カンボジア様式の部分が見えます。
P1050615.jpg

プラ・モンドップ側から見た本堂です。
P1050630.jpg

プラ・モンドップの左側付近です。
P1050632.jpg

プラ・モンドップの入り口。
P1050633.jpg

これは・・・どの辺りだったか・・・
P1050641.jpg

プラ・モンドップの上がり口。
P1050642.jpg

これまたでっかくてキンピカでした。
写真の撮り方が悪くて残念な色になってますが・・・。
P1050644.jpg

その下の方にはお猿さん(白いの)と悪魔(だったっけ)が仏塔を支えてます。
お猿さんはいい人で仏様を守ってるんです。
足は裸足です。
ここでも添乗員のAさんが判り易い説明をしてくださいました。
ブログにはUPしませんけど
私たち、ここでお猿さん達と同じ格好して写真を撮りました
P1050643.jpg

これは上の仏塔の近くにあるんですけど、
キンピカの人は天使なんだそうです。
P1050645.jpg

確かプラサート・プラ・デビットンです。
P1050647.jpg

その横にあるキンピカの仏塔。
これは逆光じゃないのでいい色で撮れてます
P1050646.jpg

プラサート・プラ・デビットンを降りる前の正面の風景です。
ここにもでっかいヤックが居ます。
私たちはこっち方面にか行かずに
右へ曲がって本堂の方へ行きました。
P1050649.jpg

さて本堂の入り口です。
ここでもAさんからの解説が
この本堂の中にはエメラルド色の翡翠の仏像があるそうで。
全体の大きさは60cmと言われてたような・・・。
その仏像は季節によって3つの衣装を着替えるそうです。
私たちが行った時は冬だったので
袈裟のようなものを身にまとってありました。
P1050650.jpg

館内は撮影禁止でしたので
外の方からぐーーーんとズームで撮りました。
怒られちゃうかなぁ
エメラルドの仏像が何となく見えるでしょう
P1050651.jpg
中に入ってお参りしました。
この中にもたっっっくさんの人が居ました。

これは本堂側から先ほどのでっかいヤックを写しました。
P1050652.jpg

さて次は回廊を通って宮殿の方へ行きます。


コメントの投稿

非公開コメント

私の友達はなんにも知らずエメラルド仏の写真を撮ってしまい、警備員が駆けつけて大騒ぎになったそうです(爆)
結局警備員の目の前でデジカメのデータを消してなんとか解放されたとか。エメラルド仏の衣装は国王自らが着替えさせるのでとても大切なものなんですね、下手したら不敬罪で逮捕ですよ(汗)

ワンプルハさんへ♪

あまり深く考えずにブログにエメラルドの仏像の写真をUPしたのは
軽率だったので削除しておきますねi-228

わぁ~。
勘違いさせてごめんなさい。上記は友人の話ですよ(汗)みなみさんのは、狙ってエメラルド仏を撮ったわけじゃないので大丈夫じゃないでしょうか???
気にしないでくださ~~~い

いやいや、判ってますから大丈夫ですよi-277
ただね、撮影禁止になってるというのはそれなりの深い意味合いのあるものだと思ったから
わざわざ写真をUPしなくてもよかったのではないかと
自分なりに考えたのでありますi-228
私は撮った時のカメラのフラッシュの影響で仏像が痛むのを防ぐためなんだろうと思い、
「フラッシュの影響のない距離で撮ったからいいだろう」なんて安易に思ったのでありますi-229
ワンプルハさんのお友達がデータを消して解決したのならば、
フラッシュ以外の意味合いもあったんだと思ったんです。
なんだか、盗み撮りしたような写真までブログに載せる必要はないなi-190って、
思ったんですよi-228

そんな感じなのでワンプルハさんも気にしないでくださいねi-179

プロフィール

とも

Author:とも
EXOのスホしか見えてない私。毎日スホの心配ばかりしています。スホさえいればそれでいい。ずっとスホについて行きます。

最新記事
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
タイ語の勉強
カテゴリ
CM (2)
最新コメント
スホのセンイル
いくつになったの?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。