スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルークチュップとチャオクワイ

みんなとの食事が終わって
「私と娘はロータスにお土産を買いに自分達で行けるから大丈夫だよ」
と、お姉さん方に言いました。

すると、みんなは判った様子だったので、
途中まで一緒に歩く事に。

そして、まずพี่รี一家と別れました。
実は実はこのお別れの時までพี่รีと一緒に居た女の子กิฟท์がพี่รีの娘だとは
気付いてませんでした。
この時はพี่รีがFanの子を一緒に乗せて帰ってあげてるんだと思ってました。
このお別れの後、色んな事を総合して考えてみると、
なんか、顔も似てると言えば似てるし、
話し方が他人との話し方じゃないよな・・・とか思って、
親子だと確信したのです
พี่รีはしっかりしてて、親切でとってもいい人でした。
お別れはとても悲しく、
また泣いてしまいましたよ・・・

それからセントラルプラザから駅に行く出口の所で、
พี่กุ้ง達とお別れです。
พี่กุ้งには本当に何から何までたくさんお世話になりました。
日本語なら色々感謝の気持ちを伝えることができたんだろうけど、
タイ語じゃあ、「ขอบคุณมากค่ะ」くらいしか言えませんでした。
でも、ハグしてお別れしたから
感謝の気持ちは伝わったかな。
พี่กุ้งは本当ーーーに親切な人なので、
また来年も是非会いたいと思います。
そして、いつまでもSingtoのFanで居て欲しいと思いました。
私、彼女がいなけりゃあ、こんないい思いすることはなかったもの。
私もずーーーっとSingtoを応援するからね

แบสとวรรณはロータスまで着いてきてくれました。
ロータスは私達は何度も行ったので自分で行けたんですけど、
これまたタイ人の親切で・・・
もうね、このロータスが最後なので、
目いっぱいお菓子を買いました。
知らないスナック菓子が色々あったので、
これは美味しいのとแบส達に訊きながら・・・
もちろん、娘のお土産もしっかり買いましたよ。

で、買い終わってホテルの方に向かってたら、
แบสのママであるพี่ป้าแอร์からแบสに電話がありました。
特に私は気にしてなかったんですが、
ちょうどロータスのフードコートに差し掛かった時に
พี่ป้าแอร์とพี่จีが向こうからやってきました。
電話は落ち合うための電話だったようです。
今から一緒に帰るんだろうと思ってたら、
「Singtoに手紙を書いて帰りなよ」
と言って、メッセージカードを私にくれました。
さっき、พี่กุ้ง達と別れたあとに、
そのカードを買ってくれたようです。
まず、ロータスのフードコートのテーブルに腰掛けました。

そして、พี่ป้าแอร์が何やら袋を私にくれました。
中身はルークチュップ。
私に買ってきてくれてたのです
私、ルークチュップが大好きです。
タイに来たら絶対に買おうと思いながら、
なかなか見つけられないでいました。

実は先ほどพี่กุ้ง達とセントラルプラザのフードコートで食事をする時に、
ルークチュップを売ってるのを発見しておりまして
見つけたことに感動して
「これが好きなんだ~~
って思わず話したのね。
その時は、私も買うつもりがなかったもんで、
その場を素通りしました。

พี่ป้าแอร์は私の言葉を聞いたもんで、
お土産にとくれたのです。
他にもココナッツのゼリーのようなお菓子と
黄色いルークチュップのようなお菓子もありました。
私は「お金を払いますよ」と言いましたが、
「これはプレゼントだよ」と言ってくれました。
早速、その場で食べてみました。
初ルークチュップ
P1070242.jpg
もうツヤツヤしてて、可愛くて
ホント、嬉しかったーーー
私はご飯を食べたばかりだったので、
そんなにたくさん食べることは出来ず、
あとは持ち帰ることに。
ココナッツのお菓子もルークチュップの写真の奥に写ってますね。
これはこの場では食べずに持ち帰りました。

で、ロータスのフードコートの所で
私はタイ語でSingtoに手紙を書きました。
私、タイ語の会話はちっとも上手じゃないけど、
文字を書く事はそんなに苦労はしません。
ちょっとした手紙なら書けるのであります。
さささーーっとSingtoへの短い手紙を書きました。
พี่ป้าแอร์が「タイ人より字が綺麗だ」と褒めてくれました

手紙を書こうとした時に、
พี่ป้าแอร์が「チャオクワイは要る」と私に訊ねました。
これまたタイで食べた事ないので
「要るーーー」と返事。
するとまた奢ってくれました
親切ーーー
P1070243.jpg
黒いゼリーと黒糖のような黒蜜のような味がして
美味しかった


そして、私が書き終えた手紙はพี่ป้าแอร์に一度見直してもらい、
その日にSingtoに渡してもらうように預けました。
あぁ・・・、พี่達は今からまたSingtoに会えるのに
私は日本に帰らないといけない。
寂しい限りです。

それから私達はホテルの所まで行き、
ここでいよいよ本当にみんなとお別れです。

「また会いましょうね」と言って、
ハグしてお別れしました。
あぁ・・・みんな本当にいい人達でした。
異国の私達にこんなに親切にしてくれて。
ありがたい、ありがたい。
神様、本当に素敵な出会いをありがとうです。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
EXOのスホしか見えてない私。毎日スホの心配ばかりしています。スホさえいればそれでいい。ずっとスホについて行きます。

最新記事
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
タイ語の勉強
カテゴリ
CM (2)
最新コメント
スホのセンイル
いくつになったの?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。