スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷蔵庫が壊れた

12月4日の朝、
娘のお弁当を作るために
冷凍室を開けると、
冷凍品の外側に霜が付いてました。
「ん溶けてる夜中に停電したのかな
って思って、ちょっと様子を見る事に。

お昼頃に再び冷凍室を見たら、冷凍品は随分溶けてました。
冷蔵庫の方は外気が低いせいで、
冷えてるのか、冷えてないのかよく判りません

とにかく、こりゃ大変だと思い、
早速メーカーに電話。
色々症状を話して、
大方の修理金額は¥13,000~¥60,000とのこと。
しかも翌日(12月5日)の午後6時以降しか行けませんと。
おまけに我が家の冷蔵庫は14年物なので、
部品があるかどうかわからないと。
な~んか、マイナスな話ばっかり出てきて

最悪の場合買い変えないといけないわけなので、
早速電気屋さんに下見に行きました。

まずは「デ○デ○」
何がいいか判んないけど、とにかく大きな冷蔵庫が欲しいので
見て回りました。
一番大きなのが、HITACHI新商品620L
これ、なんと¥330,000
流石にこれは買えないと思い、他のを見ると、
パナソニック東芝550Lクラスなんだよね~。
この大きさが、何か不満。
そして東芝は野菜室が真ん中というレイアウト、
パナはモーターの位置が上にあって、
なんか室内の見た目が不満。
で、三菱に620Lの型落ちがあってそれは¥188,000。
これは随分安い
でも型落ちというのが不満。

次に「ヤ○ダデンキ」に行きました。
そしたら、さっき見たHITACHIの冷蔵庫が¥288,000で売ってる。
この価格の違いにビックリ
店員さんに商品の納期とか、価格とかを聞いてまた一旦退散しました。

家に帰って旦那に「修理すべきか、買い変えるべきか」と相談すると、
あんまり相談に乗ってくれなかったけど、
「買い変えるべき」だという返事。

イマイチ、納得がいかないので、今度は息子に相談。
息子も「買い変えるべき」だと言い、
「『デ○デ○』の¥188,000のにすべき」だと。

家に帰ってみんなと話してるうちに
この¥188,000の冷蔵庫のメーカーがHITACHIだったか三菱だったか、
判らなくなってしまった私は、
「デ○デ○」に電話してメーカーを確認しました。

すると旦那が「三菱はやめときぃ」と・・・。

その一言で、私の気持ちはHITACHIパナに決まったので、
再び「ヤ○ダデンキ」へ

まあ、私の気持ちとしてはHITACHIだったのですが、
パナも捨てがたいので2つに絞りこんでじっくり見てみました。
どっちも一長一短あるんだよね~~。
HITACHIは大きさはいいけど、収納にちょっと不満が。
パナは収納しやすそうなんだけど、大きさが希望より小さい。
HITACHIパナでは横幅が7㎝の差があるので、
扉を何度も開けて見てると、その差が実感として判って来るんですよね~~。

で、結局HITACHIに決めました

納期は1週間。
我が家は1週間冷蔵庫の無い生活をしました(笑)
これ冬だからまだいいけど、
真夏だったらどうなってたことか・・・。
でもね、冷凍品、冷蔵品は急いで食べれるものは食べて、
どうしようもないのは捨てました。
もったいない気もしたけど、整理するいい機会だったのでは・・・(笑)

会社で冷蔵庫の話をしてたら、
私がやたら大きさにこだわるもんで、
「今使ってるのがどれくらいなんですか
って訊かれたので
「440L(これを買った当時は一番大きかった)」
と言うと、
「デカイ・・・」
と笑われました。
「そんなん言うなら今度買うのは620Lばい」
というと、「デカ過ぎる・・・」
と言ってまた笑われました(笑)
我が家、普通の4人家族なんですけどねぇ
冷蔵庫に入れる入れ方をもうちょっと工夫しないといけませんね


古い冷蔵庫は無料回収の業者に頼みました。
これまた大きさに驚かれ、
重さに苦労され・・・。
御苦労さまでした


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とも

Author:とも
EXOのスホしか見えてない私。毎日スホの心配ばかりしています。スホさえいればそれでいい。ずっとスホについて行きます。

最新記事
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
タイ語の勉強
カテゴリ
CM (2)
最新コメント
スホのセンイル
いくつになったの?
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。